あわせてやりたい

あわせてやりたい

ラクトフェリンにて歯周病菌を減らしたり、からだの免疫力をアップさせれば、徐々に口臭は症状は改善していくでしょう。しかし、根本的な原因は、食べかすが歯や歯茎の周辺に付着し、それが腐敗してにおいを出していることもあるのです。

 

ラクトフェリンを服用するとともに利用したいのが、デンタルフロスや歯間ブラシの使用です。これらを使うと歯と歯の間や、歯と歯茎の間の汚れが取れるため、歯周病や虫歯の予防にもなります。食べかすが無くなれば口臭もしにくくなりますから、一緒に取り組んでみましょう。

 

デンタルフロスとは歯と歯の間を掃除するためのものです。歯間ブラシは、歯と歯茎の間の汚れを除去できます。デンタルフロスは個人で使うのが難しいと感じる方も多いため、その場合は歯間ブラシの使用だけでも問題ありません。お掃除できない部分は、定期的に歯医者さんに通い、汚れを除去してもらうこともできます。

 

歯周病が進行すると、歯茎が下がってきてしまい、どうしても歯と歯茎の間に食べかすがたまります。歯ブラシだけでは取りのぞくことができず、これが原因で口臭となっている場合も見られます。毎日丁寧に歯を磨いているつもりでも、デンタルフロスや歯間ブラシを使うと、思わぬ汚れが取れるもののため試してみましょう。