歯周病は病気にもつながる

歯周病は病気にもつながる

口臭の原因となる歯周病菌は、口のニオイが気になるだけでなく、様々な病気とも関連性があるといわれています。ラクトフェリンを服用しニオイ対策をするだけでなく、病気予防もしてみましょう。

 

歯周病菌は歯肉内で生存し、毒素を排出して歯茎に炎症を与えます。この場合は目に見える変化があるためわかりますが、毒素は血液を通し全身に運ばれてしまうのです。全身に毒素が行き渡ると、様々な疾患にもかかりやすくなるため注意が必要な病気です。たんに口臭を発生させたり、歯が抜ける病気だけではないのです。

 

例えば細菌性心内膜炎という心臓の病気にかかったり、妊娠中の女性は早産に繋がる恐れがあります。ほかにも動脈硬化とも関連性が指摘されており、高齢になるほど生活習慣病にかかりやすくなるのは、口腔内の細菌が影響しているともいわれているのです。

 

ほかにも高齢者の誤嚥肺炎にもつながる恐れがあります。肺炎は高齢者にとって怖い病気で、免疫力が低下している人は重症化する可能性があるのです。もし病気中の方であったり、抗がん剤の治療中の方であれば、誤嚥肺炎がもととなり死亡する可能性も出てきます。

 

それほど歯周病菌は全身の病気とも関連しているため、ラクトフェリンで除菌することは大切だといえるのです。