歯周病菌対策に

歯周病菌対策に

成人が歯を失う90%が歯周病菌が原因です。虫歯で歯を失う確立より、歯周病にかかり歯が無くなるほうが確率としては高くなっています。歯周病は日和見感染のひとつのため、完全に感染を防ぐことは難しいでしょう。人の唾液から口へとうつるため、なかなか完治するのが難しいともいわれています。

 

歯周病菌が増殖する原意は、様々な影響が考えられています。糖尿病などの病気だけでなく、喫煙習慣がある方も注意が必要です。女性は女性ホルモンの変化でもなりやすいため、閉経が近づいた女性ほど注意する必要があります。ほかにも食生活や飲みすぎる飲酒なども影響があると考えられています。

 

歯周病菌はからだの免疫力が高くなっていれば、それほど悪さをしません。しかし、免疫力が低下したり、口の中の環境の悪化などにより、歯肉のなかに進入して菌が増殖してしまいます。歯周病になると歯石の除去や、毎日の歯磨きの徹底しか予防法はないといわれていますが、ラクトフェリンなら免疫力強化や歯周病菌の除菌などWの効果を得ることができます。

 

見逃してはならないのが、からだ全体の免疫力低下や、口腔内環境の悪化です。なかなか治療が進まないのも、本人の歯周病菌を抑える力が低下しているためなのです。