ラクトフェリンの抗菌パワー

ラクトフェリンの抗菌パワー

ラクトフェリンで口臭対策ができても、気になるのはその抗菌パワーではないでしょうか。菌を少し減らす程度でしたら、ラクトフェリンを摂取してもあまり効果が得られなくなってしまうからです。ラクトフェリンが効果を示す菌、ウイルスは次のようなものがあります。

 

・ ピロリ菌
・ インフルエンザウイルス
・ ノロウイルス
・ 風邪の原因となる細菌
・ 水虫菌
・ 歯周病菌

 

これらが主に効果があると考えられている菌やウイルスですが、ほかにも肝炎ウイルスなどにも効果があるとされているため、ラクトフェリンは幅広い菌に効くことがわかります。新型インフルエンザウイルスにも効果があるとされており、新しい菌やウイルスまでも抗菌することができるパワーを持っているのです。

 

ラクトフェリンはここまで強い抗菌性を発揮するため、口の中で繁殖する口臭の原因となる菌を抗菌することくらいたやすいでしょう。口の中には1000〜6000億個もの細菌があるといわれており、毎日こまめに歯を磨いている人でもこのくらいの菌が存在しているのです。

 

虫歯の原因となるミュータンス菌、歯周病の原因となる歯周病菌、カンジダ菌や黄色ブドウ球菌などもあります。ラクトフェリンならこれらの生育環境を奪うことができるため、1つのサプリメントだけで様々な菌対策ができます。